銀行ローンの審査に通らないその理由は何でしょうか


銀行ローンに何度も申し込むけれど、なかなか審査に通らないということはありませんか。収入がきちんとあるのに通らない時はまず、ローンの返済が遅れていないかをチェックしてみましょう。返済が3回以上続けて遅れると、信用情報にブラックが登録されるため、通りにくくなってしまうことがあります。また、過去一定の期間内に債務整理をした場合もブラックがつきますので、借り入れは難しくなります。

ブラックがない場合は、総量規制を考えてみましょう。総量規制は消費者金融独自のシステムで、銀行カードローンの際に限度額を設けたものです。限度額は年収の3分の1に当たる金額で、もし消費者金融を複数利用していて、借り入れの金額が限度額を超えた場合は、やはり審査に落ちてしまいます。また、申し込みの用紙やサイトのフォームに、必要事項がきちんと入力されていない場合も、落ちる確率が高くなりますので、提出または送付の前にもう一度目を通し、間違いがないのを確認してから送るようにしましょう。


銀行ローンの審査には利用目的も聞き取りします


銀行ローンをお申し込みされた際、審査として様々な聞き取り調査を行いますが、その一つに利用目的を必ず聞き取りすることがあげられます。たいてい、レジャーや旅行、生活費、事業資金などと言われる方が多いのが特徴です。

基本的に、融資を実行した場合、その後どのようにお金を利用されるかはお客様の自由なので、うその申告をされても特に問題はありません。しかし、他社の支払いが遅れている方や債務が多い場合は、明らかに他社の支払いのためにお申し込みをされた、ということが分かることもあります。このような場合は、融資を実行したとしても、利用枠を低く設定したりする場合があります。

このように、契約が出来るかどうかといった判断にはさしつかえありませんが、利用目的を聞き取りすることで、その人の実際の生活内容が何となく判明することも事実です。それを踏まえたうえで、決裁者が利用枠を設定することになるので、お金を利用する目的は、銀行カードローンの審査において必ず聞き取りする必要があると言えます。


銀行ローンの審査落ちた場合


銀行ローンを申し込みする際には必ず審査があります。この基準は公開されていませんが返済能力があるかどうかの判断をスコア制で行っています。申込者が既婚か独身か、持ち家なのか賃貸なのか、正社員かパートやアルバイトか、勤務先に勤務してるか、他社の借入や金融事故は過去にないかで判断します。

しかしやはり審査に落ちたという方は居ます。その原因として多いのは、他社の借入が多いです。消費者金融の場合は年収の3分の1以上は借入が出来なくなってます。その決まりを知らないで申し込むと落ちてしまうので他社借入がある方は確認が必要になります。次に多いのは返済の遅延などの金融事故を起こしたことあるです。

銀行カードローンだけではなく携帯電話の割賦や奨学金なども含まれます。落ちた場合、ほかも落ちるのかというとそうではないのですが金融事故を起こしてる場合は、信用機関にその事実の記録が消えるまでは厳しいです。収入の問題の場合は、総量規制対象外の銀行系のものに申し込みをすると通る場合があります。


銀行ローンの審査に通りやすい人になるには


同じように銀行カードローンを申し込んでも、通りやすい人と通りにくい人がいるようです。それはなぜでしょうか。まず、申し込み用紙の記入方法ですが、自分の住所や電話番号を間違いなく書けているでしょうか。

あるいは記入漏れはないでしょうか。ちょっとしたことですが、記入に何らかの不備があると、審査に通りにくくなることもあるので、申し込みの時には気を付けたいものです。それから、他社からの借入件数も影響することがあります。一般に、他社からの借り入れが多いほど通りにくくなります。

また消費者金融では総量規制があるため、借り入れ額が限度額を超えると審査に落ちることもあります。 とどのつまり通りやすい人になるには、用紙にきちんと記入する、他者からの借り入れがないか、あってもせいぜい1件、そして、これも大事なことですが、信用情報にブラックがない、こういったことが大事になってきます。

自分にはブラックはないと思っていても、延滞などで知らない間に登録されていることもありますので、借り入れ前に信用情報機関に頼んで、自分の情報を郵送してもらうか、ダウンロードさせてもらうのがいいでしょう。


このように、銀行ローンの審査には色々な条件がありますので、しっかりと理解をした上で審査に臨みましょう。

銀行カードローン審査の期間について

銀行カードローンで実際にお金を借りることができるまでの期間は金融機関により異なります。一般的に普通銀行よりも消費者金融の方が審査にかかる時間は短いです。具体的に言うと銀行の場合、約1週間から2週間程度かかります。消費者金融の場合、借りる額にもよりますが最短で即日から3日程度で借り入れをすることができます。

なぜ差が出るのかと言いますと、銀行の方が消費者金融よりも審査項目が多いことが挙げられます。例えば年収や勤続年数の他、連帯保証人を必要とする場合もあります。その点消費者金融は、基本的に保証人を必要としない場合が多く20歳以上の学生から70歳未満までの幅広い年齢の人を対象に数十万円程度まではカードローンをすることが可能です。

ただし金利は銀行よりも高く設定されていることが多く、借りる額に注意をしなければなりません。また銀行や消費者金融の場合でも一定の収入を得ていることが条件である場合がほとんどです。

プロミスの審査はどうなっている?

プロミスの審査はとても早く結果がでますが、その理由は機械によるスコアリングで結果が出るようになっているからです。もちろん人間も重要な部分は確認しますが、大きなウエイトを占めるのが機械によるスコアリングです。

スコアリングの内容としては、年収、勤務形態、勤続年数、勤務先の規模、年齢、健康保険の種類、居住形態などが重要になってくると言われています。他には他社からの借入状況や個人信用情報もとても重要です。

例えば、勤務形態ならば「正社員10点、契約社員6点、派遣社員6点、自営業4点、アルバイト3点」といった具合に点数が付けられていて、すべての項目を合わせた総合点で合否が決まるといったようになっています。具体的な項目や点数配分については、非公開なのでわかりませんが、だいたいどこの金融機関でも上記のようなポイントが重要になってくると思われます。

そのため、勤務形態がアルバイトだからといってそれだけで審査に落ちるというようなことはありません。総合的な判断がされますので、他の項目が良ければ挽回できる可能性は十分にあります。