プロミスで行っている一次審査の内容について

実際にプロミスという消費者金融でお金の融資を受ける場合においては、いきなり申し込みをするのではなく一次審査というものを行います。

この内容について説明をしていくと、これは消費者金融側が申し込み者に対してお金を貸すか否かの審査となります。これは主にインターネットを利用することで可能なので、パソコンかスマホがあれば使えるサービスとなっています。パソコンなどを使って最初に入力する項目ですが、具体的にどれくらい借りる予定があるかを提示していきます。

原則50万円未満であれば収入証明書が不要なので、比較的審査に通りやすくなるメリットが得られます。パソコンなどを利用する場合においては、メールアドレスが必要になるので事前に取得しておきます。そうした情報をプロミスで総合的に判断をして、数時間後にメールアドレス宛てに結果を通知します。

そこで融資が可能となれば、無事一時審査に合格したという流れになっています。その後は必要書類などを送ることで、正式にお金の融資を受けることが出来るようになります。

プロミスの審査はどうなっている?

プロミスの審査はとても早く結果がでますが、その理由は機械によるスコアリングで結果が出るようになっているからです。もちろん人間も重要な部分は確認しますが、大きなウエイトを占めるのが機械によるスコアリングです。

スコアリングの内容としては、年収、勤務形態、勤続年数、勤務先の規模、年齢、健康保険の種類、居住形態などが重要になってくると言われています。他には他社からの借入状況や個人信用情報もとても重要です。

例えば、勤務形態ならば「正社員10点、契約社員6点、派遣社員6点、自営業4点、アルバイト3点」といった具合に点数が付けられていて、すべての項目を合わせた総合点で合否が決まるといったようになっています。具体的な項目や点数配分については、非公開なのでわかりませんが、だいたいどこの金融機関でも上記のようなポイントが重要になってくると思われます。

そのため、勤務形態がアルバイトだからといってそれだけで審査に落ちるというようなことはありません。総合的な判断がされますので、他の項目が良ければ挽回できる可能性は十分にあります。