銀行系という看板を背に安心安全の経営方針を打ち出すモビット

大手消費者金融の中には銀行と提携して、融資活動を展開する会社があります。モビットもその会社の一つでいわゆる銀行系と称される消費者金融です。モビットのバックボーンを支えるのは「三井住友銀行」です。以前は三菱東京UFJ銀行グループに属していました。

過去にグレーゾーン金利問題で、消費者金融会社は経営を圧迫され、新しい法律施行後、向かい風の中で踏ん張っていかなくてはならない状態に置かれました。融資する側が経営不安定では困ります。そんな中、銀行側では融資専門会社の買収に乗り出します。

その結果、銀行系の消費者金融会社が次々と誕生しました。背景にある屋台骨がしっかりしたことで、融資を受ける側としても安心してお金が借りられます。また、大手銀行とタッグを組むことができたので全国に張り巡らされているATMやCDが使え、足を運ぶ手間も解消されました。

聞いたことがない会社からお金を融資してもらうのは気が気でない面があります。消費者金融会社の背景に銀行グループが存在していれば安心できます。サービス面も銀行に準ずるものがありますので、今後はどこのグループに属しているのかを把握して消費者金融会社を選びたいですね。

モビットで行っている審査基準についての説明

モビットでは実際に利用者にお金の融資を行う前に一定の審査というものを行って、これに合格した場合にのみサービスの利用が可能です。

そこで一般的に調べられる基準を紹介していくと、主に過去のローンやクレジットカードなどの利用履歴が確認されることが多いです。こういったお金を借りる融資になると、利用者の信用情報という内容が非常に重要となっています。会社のコンピューターでは、こういった情報を共有して調べることが出来るように設定されています。

これは融資を受ける金額の大小に関係ない内容となっているので、過去に延滞記録などがある場合には注意が必要です。また2つめにおける審査基準として、50万円以上の融資を受ける場合に関係します。

50万円以上の場合には収入証明書の提出が必要となっており、それによって金額や上限額を判断していきます。ここで融資希望額と年収の差が多すぎる戸には、モビットでの融資を断られるケースがあるので注意が必要です。