銀行ローンの審査に通らないその理由は何でしょうか


銀行ローンに何度も申し込むけれど、なかなか審査に通らないということはありませんか。収入がきちんとあるのに通らない時はまず、ローンの返済が遅れていないかをチェックしてみましょう。返済が3回以上続けて遅れると、信用情報にブラックが登録されるため、通りにくくなってしまうことがあります。また、過去一定の期間内に債務整理をした場合もブラックがつきますので、借り入れは難しくなります。

ブラックがない場合は、総量規制を考えてみましょう。総量規制は消費者金融独自のシステムで、銀行カードローンの際に限度額を設けたものです。限度額は年収の3分の1に当たる金額で、もし消費者金融を複数利用していて、借り入れの金額が限度額を超えた場合は、やはり審査に落ちてしまいます。また、申し込みの用紙やサイトのフォームに、必要事項がきちんと入力されていない場合も、落ちる確率が高くなりますので、提出または送付の前にもう一度目を通し、間違いがないのを確認してから送るようにしましょう。


銀行ローンの審査には利用目的も聞き取りします


銀行ローンをお申し込みされた際、審査として様々な聞き取り調査を行いますが、その一つに利用目的を必ず聞き取りすることがあげられます。たいてい、レジャーや旅行、生活費、事業資金などと言われる方が多いのが特徴です。

基本的に、融資を実行した場合、その後どのようにお金を利用されるかはお客様の自由なので、うその申告をされても特に問題はありません。しかし、他社の支払いが遅れている方や債務が多い場合は、明らかに他社の支払いのためにお申し込みをされた、ということが分かることもあります。このような場合は、融資を実行したとしても、利用枠を低く設定したりする場合があります。

このように、契約が出来るかどうかといった判断にはさしつかえありませんが、利用目的を聞き取りすることで、その人の実際の生活内容が何となく判明することも事実です。それを踏まえたうえで、決裁者が利用枠を設定することになるので、お金を利用する目的は、銀行カードローンの審査において必ず聞き取りする必要があると言えます。


銀行ローンの審査落ちた場合


銀行ローンを申し込みする際には必ず審査があります。この基準は公開されていませんが返済能力があるかどうかの判断をスコア制で行っています。申込者が既婚か独身か、持ち家なのか賃貸なのか、正社員かパートやアルバイトか、勤務先に勤務してるか、他社の借入や金融事故は過去にないかで判断します。

しかしやはり審査に落ちたという方は居ます。その原因として多いのは、他社の借入が多いです。消費者金融の場合は年収の3分の1以上は借入が出来なくなってます。その決まりを知らないで申し込むと落ちてしまうので他社借入がある方は確認が必要になります。次に多いのは返済の遅延などの金融事故を起こしたことあるです。

銀行カードローンだけではなく携帯電話の割賦や奨学金なども含まれます。落ちた場合、ほかも落ちるのかというとそうではないのですが金融事故を起こしてる場合は、信用機関にその事実の記録が消えるまでは厳しいです。収入の問題の場合は、総量規制対象外の銀行系のものに申し込みをすると通る場合があります。


銀行ローンの審査に通りやすい人になるには


同じように銀行カードローンを申し込んでも、通りやすい人と通りにくい人がいるようです。それはなぜでしょうか。まず、申し込み用紙の記入方法ですが、自分の住所や電話番号を間違いなく書けているでしょうか。

あるいは記入漏れはないでしょうか。ちょっとしたことですが、記入に何らかの不備があると、審査に通りにくくなることもあるので、申し込みの時には気を付けたいものです。それから、他社からの借入件数も影響することがあります。一般に、他社からの借り入れが多いほど通りにくくなります。

また消費者金融では総量規制があるため、借り入れ額が限度額を超えると審査に落ちることもあります。 とどのつまり通りやすい人になるには、用紙にきちんと記入する、他者からの借り入れがないか、あってもせいぜい1件、そして、これも大事なことですが、信用情報にブラックがない、こういったことが大事になってきます。

自分にはブラックはないと思っていても、延滞などで知らない間に登録されていることもありますので、借り入れ前に信用情報機関に頼んで、自分の情報を郵送してもらうか、ダウンロードさせてもらうのがいいでしょう。


このように、銀行ローンの審査には色々な条件がありますので、しっかりと理解をした上で審査に臨みましょう。

主婦でも申し込み可能な楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは、主婦の方でもパートやアルバイトなどで安定した収入があれば、申し込み可能なカードローンです。主婦は主婦でも、収入のない専業主婦でも申し込みが可能であり、借入れ、カードローンを申し込むにあたり、収入証明は不要で、入会すると1000ポイントつき、楽天市場を利用する方にとっては大変嬉しい特典です。

1ポイント1円換算なので、普段の楽天市場の利用と合わせれば、知らず知らずのうちにポイントがたまりそうです。主な特徴としては、他行カードローン同様、消費者金融よりも金利が安く、しかも、楽天銀行カードローンは、入会金や年会費など一切不要で持てるカードなのでお得感満載です。パソコンからでも携帯電話からでも利用可能なので24時間365日、好きなときに必要な分だけ利用することができるのが魅力的です。

インターネットに力を入れ、収入証明不要を全面に押し出していることで、ここ最近でかなり人気がでてきています。急な出費でお金が必要になった時には、利用してみる価値はあると思います。

三井住友銀行のカードローンは審査が早く金利も低いです

三井住友銀行のカードローンならば、金利は4.0%から14.5%の範囲であり、100万円以下の場合は、12.0%から14.5%の範囲になります。消費者金融と比べるとかなり金利が低く借りることが出来ます。

また、銀行からお金を借りる際に口座が必要ということはなく、口座を持っていない人でもカードローンを利用することが出来ます。三井住友銀行のカードローンの審査時間は最短で30分で済み、即日融資を受けることも可能です。

また、申込方法は多彩で三井住友銀行に設置されているローン契約機だけではなく、電話やインターネットによる申し込みも可能で来店不要で借りることも出来ます。最高極度額は800万円ですが、極度額が300万円以内での申し込みであれば、収入証明書の提出は必要ないです。

口座がなくて即日カードを受け取りたい場合には、カードの受け取りのためにローン契約機へ足を運べばすぐに利用することが可能です。金利の面でも融資スピードの面でもオススメのカードローンです。

銀行系という看板を背に安心安全の経営方針を打ち出すモビット

大手消費者金融の中には銀行と提携して、融資活動を展開する会社があります。モビットもその会社の一つでいわゆる銀行系と称される消費者金融です。モビットのバックボーンを支えるのは「三井住友銀行」です。以前は三菱東京UFJ銀行グループに属していました。

過去にグレーゾーン金利問題で、消費者金融会社は経営を圧迫され、新しい法律施行後、向かい風の中で踏ん張っていかなくてはならない状態に置かれました。融資する側が経営不安定では困ります。そんな中、銀行側では融資専門会社の買収に乗り出します。

その結果、銀行系の消費者金融会社が次々と誕生しました。背景にある屋台骨がしっかりしたことで、融資を受ける側としても安心してお金が借りられます。また、大手銀行とタッグを組むことができたので全国に張り巡らされているATMやCDが使え、足を運ぶ手間も解消されました。

聞いたことがない会社からお金を融資してもらうのは気が気でない面があります。消費者金融会社の背景に銀行グループが存在していれば安心できます。サービス面も銀行に準ずるものがありますので、今後はどこのグループに属しているのかを把握して消費者金融会社を選びたいですね。

モビットで行っている審査基準についての説明

モビットでは実際に利用者にお金の融資を行う前に一定の審査というものを行って、これに合格した場合にのみサービスの利用が可能です。

そこで一般的に調べられる基準を紹介していくと、主に過去のローンやクレジットカードなどの利用履歴が確認されることが多いです。こういったお金を借りる融資になると、利用者の信用情報という内容が非常に重要となっています。会社のコンピューターでは、こういった情報を共有して調べることが出来るように設定されています。

これは融資を受ける金額の大小に関係ない内容となっているので、過去に延滞記録などがある場合には注意が必要です。また2つめにおける審査基準として、50万円以上の融資を受ける場合に関係します。

50万円以上の場合には収入証明書の提出が必要となっており、それによって金額や上限額を判断していきます。ここで融資希望額と年収の差が多すぎる戸には、モビットでの融資を断られるケースがあるので注意が必要です。

カードローン審査時に家のローンがあると不利になるか

カードローンを申し込みしたいけど現在、家を購入のため借りた住宅ローン返済中の場合でも不利になることはないです。カードローン審査に通す際に他社借入記載欄が必ずあります。この項目は返済能力があるかどうかの判断材料になるのは確かですが消費者金融の場合は総量規制という法律があるので申込者に借入状況を聞く必要があります。

この総量規制とはフリーカードローンでの借入額は申し込み者の年収三分の一以下にしなくてはいけないという法律です。この法律が適用されるのは消費者金融やクレジットカードのカードローン枠が適用となります。しかし、車や家のローンは総量規制対象外になるため借入中でも審査を通すには問題ないのです。

しかし、住宅購入する前にカードローン利用しているという場合は少し難しい状況になります。住宅購入の場合は金額が高額になるため返済能力が厳しく見られます。そのためカードローン利用、返済中である場合債務整理の恐れがあるためです。なのでカードローン利用が住宅購入の先か後かによって状況は変わるので注意が必要になります。

貸金業法にも総量規制についての詳しい解説がありますので、そちらも一度参考にしてくださいね。

▼金融庁:貸金業法Q&A
http://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/qa.html

レイクで200万円借りる

普段の生活をしていると急にお金が必要になることがある物です。
普段はどんなに計画的にお金を使うようにしていても、臨時にお金が必要になって来る時はある物です。
例えば、車を所有していても、その車が廃車になってしまって急遽車を買わなくてはいけなくなったりという事があるのです。

そんな時には、友人や知人にお金を借りるという事はあまり良い事ではないのです。
それは、友人や知人にお金を借りると人間関係が悪化してしまう事が多くあるのです。
そこで、お金を貸してくれる専用の会社を利用する事がいいのです。
レイクなどを利用することがいいのです。

車を買うならば、200万円ほどをレイクからお金を工面してもらう事は悪い事ではないのです。
そして、そうして手に入れたお金で車を買うなどをすればいいのです。
また、そうして借りたお金は計画的にしっかりと返済をして行けばいいのです。
ですので、安心して利用する事が出来るので、おすすめなのです。

レイクの審査とそこに関わる条件とは

キャッシングが手軽にできる現代の中では、常に金融会社の紹介があってユーザーが自由に選べます。その中でも有名な金融会社があるため、実際には即日系のキャッシングやインターネットからの申し込みを展開しています。そういった金融サービスを使うためには条件が設定されていて、ここを突破するのがユーザー側の課題になっています。

レイクも現代で多くの金融サービスを展開している有名な会社です。この金融会社を使っているユーザーたちは、事前に色々な紹介を見ているケースが多いです。そして、個人に適した金融会社としてここを選んでいるのです。

今はユーザー側がキャッシングの審査においては有利な立場にあります。それはレイクにも共通していることなので、インターネットや口コミを使って条件を知ることができます。審査の条件を見るとそこには過去の経歴なども関わっています。過去に様々な金融会社を使っていない場合は、よりスムーズにサービスが受けられる仕組みです。

アコム「むじんくんコーナー」を利用した時の審査について

アコムの「むじんくんコーナー」を利用して新規の契約申し込みをする場合には、「むじんくんコーナー」の個室に入室し、タッチパネルの操作をしながら問い合わせの内容について回答したり、モニタリングしている店員さんからの問い合わせに回答したりする事になります。

審査の内容自体については、どのような項目があるのかは分かりませんが、タッチパネル等の操作を一通り終わると「しばらくお待ちください」というガイダンスが流れ、一時何もせずに待っている時間があります。
時間的には約10~15分程度だったと思いますが、待っている時は非常に長く感じた気がします。

その待ち時間の間にいろいろな項目についての確認が行われているのだとは思いますが、特段面倒なことや煩わしい事は無かったと思います。
審査が終了すると、再度タッチパネルの操作や店員さんとの受け答えを交えた後、全手続きが終了すると無事acカードが発行され、借入を行うことが出来るようになります。

アコムのおまとめローン審査について

アコムではおまとめローン審査も実施しています。おまとめローンを利用することによって返済日が1日にだけになり、利息も下がり毎月の返済額も減額されるので2社以上借入がある方は精神的にも経済的にもゆとりを持った返済が出来るようになるローンです。

このローンは、総量規制対象外なので他社借入が年収3分の1以上ある場合でも利用が可能です。申し込みの際はまずは電話相談になります。その際に必要書類が言われます。基本的には、本人確認書類(免許証または健康保険証)、収入証明書類(源泉徴収票、確定申告書、給料明細書などの中で1点)、融資が決まり返済する場合は口座振替になるので通帳やキャッシュカードと届印が必要になります。

提出が終わるとやっと審査に移ります。この審査は通常のカードローンよりは高額融資になるのでハードルは高くなります。他社含め返済遅延や金融事故を起こしている場合は通りにくいので申し込みの際に注意が必要になります。審査が通るとアコムから他社に返済金が振り込まれますが利息分は自身で出すことになります。稀に自身で返済になる場合がありますがその場合は清算書類提出が必要になります。
審査自体が通常よりも厳しいので年収3分の1以下のまとめの場合はカードローンを勧められる場合もあるのでまず最初に電話で相談することが重要です。

プロミスで行っている一次審査の内容について

実際にプロミスという消費者金融でお金の融資を受ける場合においては、いきなり申し込みをするのではなく一次審査というものを行います。

この内容について説明をしていくと、これは消費者金融側が申し込み者に対してお金を貸すか否かの審査となります。これは主にインターネットを利用することで可能なので、パソコンかスマホがあれば使えるサービスとなっています。パソコンなどを使って最初に入力する項目ですが、具体的にどれくらい借りる予定があるかを提示していきます。

原則50万円未満であれば収入証明書が不要なので、比較的審査に通りやすくなるメリットが得られます。パソコンなどを利用する場合においては、メールアドレスが必要になるので事前に取得しておきます。そうした情報をプロミスで総合的に判断をして、数時間後にメールアドレス宛てに結果を通知します。

そこで融資が可能となれば、無事一時審査に合格したという流れになっています。その後は必要書類などを送ることで、正式にお金の融資を受けることが出来るようになります。