銀行系という看板を背に安心安全の経営方針を打ち出すモビット

大手消費者金融の中には銀行と提携して、融資活動を展開する会社があります。モビットもその会社の一つでいわゆる銀行系と称される消費者金融です。モビットのバックボーンを支えるのは「三井住友銀行」です。以前は三菱東京UFJ銀行グループに属していました。

過去にグレーゾーン金利問題で、消費者金融会社は経営を圧迫され、新しい法律施行後、向かい風の中で踏ん張っていかなくてはならない状態に置かれました。融資する側が経営不安定では困ります。そんな中、銀行側では融資専門会社の買収に乗り出します。

その結果、銀行系の消費者金融会社が次々と誕生しました。背景にある屋台骨がしっかりしたことで、融資を受ける側としても安心してお金が借りられます。また、大手銀行とタッグを組むことができたので全国に張り巡らされているATMやCDが使え、足を運ぶ手間も解消されました。

聞いたことがない会社からお金を融資してもらうのは気が気でない面があります。消費者金融会社の背景に銀行グループが存在していれば安心できます。サービス面も銀行に準ずるものがありますので、今後はどこのグループに属しているのかを把握して消費者金融会社を選びたいですね。

モビットで行っている審査基準についての説明

モビットでは実際に利用者にお金の融資を行う前に一定の審査というものを行って、これに合格した場合にのみサービスの利用が可能です。

そこで一般的に調べられる基準を紹介していくと、主に過去のローンやクレジットカードなどの利用履歴が確認されることが多いです。こういったお金を借りる融資になると、利用者の信用情報という内容が非常に重要となっています。会社のコンピューターでは、こういった情報を共有して調べることが出来るように設定されています。

これは融資を受ける金額の大小に関係ない内容となっているので、過去に延滞記録などがある場合には注意が必要です。また2つめにおける審査基準として、50万円以上の融資を受ける場合に関係します。

50万円以上の場合には収入証明書の提出が必要となっており、それによって金額や上限額を判断していきます。ここで融資希望額と年収の差が多すぎる戸には、モビットでの融資を断られるケースがあるので注意が必要です。

カードローン審査時に家のローンがあると不利になるか

カードローンを申し込みしたいけど現在、家を購入のため借りた住宅ローン返済中の場合でも不利になることはないです。カードローン審査に通す際に他社借入記載欄が必ずあります。この項目は返済能力があるかどうかの判断材料になるのは確かですが消費者金融の場合は総量規制という法律があるので申込者に借入状況を聞く必要があります。

この総量規制とはフリーカードローンでの借入額は申し込み者の年収三分の一以下にしなくてはいけないという法律です。この法律が適用されるのは消費者金融やクレジットカードのカードローン枠が適用となります。しかし、車や家のローンは総量規制対象外になるため借入中でも審査を通すには問題ないのです。

しかし、住宅購入する前にカードローン利用しているという場合は少し難しい状況になります。住宅購入の場合は金額が高額になるため返済能力が厳しく見られます。そのためカードローン利用、返済中である場合債務整理の恐れがあるためです。なのでカードローン利用が住宅購入の先か後かによって状況は変わるので注意が必要になります。

貸金業法にも総量規制についての詳しい解説がありますので、そちらも一度参考にしてくださいね。

▼金融庁:貸金業法Q&A
http://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/qa.html

レイクで200万円借りる

普段の生活をしていると急にお金が必要になることがある物です。
普段はどんなに計画的にお金を使うようにしていても、臨時にお金が必要になって来る時はある物です。
例えば、車を所有していても、その車が廃車になってしまって急遽車を買わなくてはいけなくなったりという事があるのです。

そんな時には、友人や知人にお金を借りるという事はあまり良い事ではないのです。
それは、友人や知人にお金を借りると人間関係が悪化してしまう事が多くあるのです。
そこで、お金を貸してくれる専用の会社を利用する事がいいのです。
レイクなどを利用することがいいのです。

車を買うならば、200万円ほどをレイクからお金を工面してもらう事は悪い事ではないのです。
そして、そうして手に入れたお金で車を買うなどをすればいいのです。
また、そうして借りたお金は計画的にしっかりと返済をして行けばいいのです。
ですので、安心して利用する事が出来るので、おすすめなのです。

レイクの審査とそこに関わる条件とは

キャッシングが手軽にできる現代の中では、常に金融会社の紹介があってユーザーが自由に選べます。その中でも有名な金融会社があるため、実際には即日系のキャッシングやインターネットからの申し込みを展開しています。そういった金融サービスを使うためには条件が設定されていて、ここを突破するのがユーザー側の課題になっています。

レイクも現代で多くの金融サービスを展開している有名な会社です。この金融会社を使っているユーザーたちは、事前に色々な紹介を見ているケースが多いです。そして、個人に適した金融会社としてここを選んでいるのです。

今はユーザー側がキャッシングの審査においては有利な立場にあります。それはレイクにも共通していることなので、インターネットや口コミを使って条件を知ることができます。審査の条件を見るとそこには過去の経歴なども関わっています。過去に様々な金融会社を使っていない場合は、よりスムーズにサービスが受けられる仕組みです。

アコム「むじんくんコーナー」を利用した時の審査について

アコムの「むじんくんコーナー」を利用して新規の契約申し込みをする場合には、「むじんくんコーナー」の個室に入室し、タッチパネルの操作をしながら問い合わせの内容について回答したり、モニタリングしている店員さんからの問い合わせに回答したりする事になります。

審査の内容自体については、どのような項目があるのかは分かりませんが、タッチパネル等の操作を一通り終わると「しばらくお待ちください」というガイダンスが流れ、一時何もせずに待っている時間があります。
時間的には約10~15分程度だったと思いますが、待っている時は非常に長く感じた気がします。

その待ち時間の間にいろいろな項目についての確認が行われているのだとは思いますが、特段面倒なことや煩わしい事は無かったと思います。
審査が終了すると、再度タッチパネルの操作や店員さんとの受け答えを交えた後、全手続きが終了すると無事acカードが発行され、借入を行うことが出来るようになります。

アコムのおまとめローン審査について

アコムではおまとめローン審査も実施しています。おまとめローンを利用することによって返済日が1日にだけになり、利息も下がり毎月の返済額も減額されるので2社以上借入がある方は精神的にも経済的にもゆとりを持った返済が出来るようになるローンです。

このローンは、総量規制対象外なので他社借入が年収3分の1以上ある場合でも利用が可能です。申し込みの際はまずは電話相談になります。その際に必要書類が言われます。基本的には、本人確認書類(免許証または健康保険証)、収入証明書類(源泉徴収票、確定申告書、給料明細書などの中で1点)、融資が決まり返済する場合は口座振替になるので通帳やキャッシュカードと届印が必要になります。

提出が終わるとやっと審査に移ります。この審査は通常のカードローンよりは高額融資になるのでハードルは高くなります。他社含め返済遅延や金融事故を起こしている場合は通りにくいので申し込みの際に注意が必要になります。審査が通るとアコムから他社に返済金が振り込まれますが利息分は自身で出すことになります。稀に自身で返済になる場合がありますがその場合は清算書類提出が必要になります。
審査自体が通常よりも厳しいので年収3分の1以下のまとめの場合はカードローンを勧められる場合もあるのでまず最初に電話で相談することが重要です。

プロミスで行っている一次審査の内容について

実際にプロミスという消費者金融でお金の融資を受ける場合においては、いきなり申し込みをするのではなく一次審査というものを行います。

この内容について説明をしていくと、これは消費者金融側が申し込み者に対してお金を貸すか否かの審査となります。これは主にインターネットを利用することで可能なので、パソコンかスマホがあれば使えるサービスとなっています。パソコンなどを使って最初に入力する項目ですが、具体的にどれくらい借りる予定があるかを提示していきます。

原則50万円未満であれば収入証明書が不要なので、比較的審査に通りやすくなるメリットが得られます。パソコンなどを利用する場合においては、メールアドレスが必要になるので事前に取得しておきます。そうした情報をプロミスで総合的に判断をして、数時間後にメールアドレス宛てに結果を通知します。

そこで融資が可能となれば、無事一時審査に合格したという流れになっています。その後は必要書類などを送ることで、正式にお金の融資を受けることが出来るようになります。

銀行カードローン審査の期間について

銀行カードローンで実際にお金を借りることができるまでの期間は金融機関により異なります。一般的に普通銀行よりも消費者金融の方が審査にかかる時間は短いです。具体的に言うと銀行の場合、約1週間から2週間程度かかります。消費者金融の場合、借りる額にもよりますが最短で即日から3日程度で借り入れをすることができます。

なぜ差が出るのかと言いますと、銀行の方が消費者金融よりも審査項目が多いことが挙げられます。例えば年収や勤続年数の他、連帯保証人を必要とする場合もあります。その点消費者金融は、基本的に保証人を必要としない場合が多く20歳以上の学生から70歳未満までの幅広い年齢の人を対象に数十万円程度まではカードローンをすることが可能です。

ただし金利は銀行よりも高く設定されていることが多く、借りる額に注意をしなければなりません。また銀行や消費者金融の場合でも一定の収入を得ていることが条件である場合がほとんどです。

プロミスの審査はどうなっている?

プロミスの審査はとても早く結果がでますが、その理由は機械によるスコアリングで結果が出るようになっているからです。もちろん人間も重要な部分は確認しますが、大きなウエイトを占めるのが機械によるスコアリングです。

スコアリングの内容としては、年収、勤務形態、勤続年数、勤務先の規模、年齢、健康保険の種類、居住形態などが重要になってくると言われています。他には他社からの借入状況や個人信用情報もとても重要です。

例えば、勤務形態ならば「正社員10点、契約社員6点、派遣社員6点、自営業4点、アルバイト3点」といった具合に点数が付けられていて、すべての項目を合わせた総合点で合否が決まるといったようになっています。具体的な項目や点数配分については、非公開なのでわかりませんが、だいたいどこの金融機関でも上記のようなポイントが重要になってくると思われます。

そのため、勤務形態がアルバイトだからといってそれだけで審査に落ちるというようなことはありません。総合的な判断がされますので、他の項目が良ければ挽回できる可能性は十分にあります。